砲丸投げ・ハンマー投げ・やり投げ・円盤投げなど投てき種目を扱う通販ショップ「ろくせん」のスタッフブログです。


by garana-ga
カレンダー

<   2007年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

タイソン・ゲイ2冠!

先ほど男子200m決勝が行われ、
先日の100m金メダリストのタイソン・ゲイが
200mでも優勝し、100m・200mの2冠を達成。


正真正銘の世界最速の称号を手に入れました。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-31 01:21

福士が決勝進出!

女子5000メートル予選で
福士加代子(ワコール)は1組7着の
15分19秒67で前回大会に続いて
決勝に進みました!!!





久しぶりの良いニュースです。





福士選手は5着には入れませんでしたが
タイムで決勝に進みます。




決勝では是非入賞してもらいたいです。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-30 17:34

末次選手届かず

日本のエース末次選手も
世界の壁に届きませんでした。




二次予選敗退という結果になってしまいました・・・





過去の世界陸上すべてで準決勝に進んでいるだけあって
期待は大きかったですが、残念な結果になってしまいました。





北京オリンピックに期待します。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-29 19:56

室伏選手メダル届かず

惜しかったです。




金メダルの期待がかかった
室伏選手が6位に終わりました。




やっぱり世界の壁は厚いですね。




今日は200mの末次選手に期待です。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-28 20:17

世界最速タイソン・ゲイ

昨日の男子100m決勝はすごかったです!




スタートはパウエルがリードしましたが
ゲイの追い上げがすごかったです!




昨年はゲイの5戦全敗だったそうですが
ついにパウエルを破り、世界最速の称号を手に入れました。




世界記録は出ませんでしたが、
これからますます期待です。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-27 20:13

朝原選手、決勝ならず

たった今、男子100m準決勝第一組が行われ
朝原選手が登場しました。


残念ながら決勝には進めませんでしたが
朝原選手の健闘に惜しみのない拍手がわき起こりました。


試合後のインタビューで朝原選手の涙で
私も胸が熱くなりました。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-26 20:18

福士選手、残念

世界選手権3度目の福士選手が、
女子1万メートルで最後は力尽き、無念の10位。


「久しぶりに爽快に走れた。10番?ああ、惜しいね」
と話す笑顔にも、どこか空元気の気配が感じられた。


序盤は極端なスローペース。


中盤から先頭集団につけましたが4300メートル付近で
突如足を止め、脱げた靴を履き直す。


一気に最下位へ転落した。


「靴も足先に残ってたし、運がよかった」。
あきらめることなく、持ち前の笑顔で猛追した。


春先からエチオピアへ「武者修行」で合宿に行き、
世界最強軍団からつま先で走るような走法を学んだ。


5200メートル付近では首位に浮上。
残り3000メートルからはロングスパートで勝負をかけた。


しかし、そのスパートが世界に通用しなかった。


アベイレゲッセ(トルコ)らによる
7800メートル付近の仕掛けには、あっさり引き離された。


ラスト1周まで絡んだ7位争いでも、最後の直線で脱落。


「スタミナ切れ」と福士。あきらめの笑顔を浮かべるしかなかった。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-26 15:33

世界陸上2日目

男子20キロ競歩はジェフェルソン・ペレス(エクアドル)が
1時間22分20秒で同種目初の3連覇を果たした。


日本勢は森岡紘一朗(順大)が
1時間24分46秒で11位になったのが最高。


杉本明洋(綜合警備保障)は19位、谷井孝行(佐川急便)は21位。



男子3000メートル障害予選では
岩水嘉孝(トヨタ自動車)が2度目の決勝進出を目指して登場した。


女子400メートル予選は日本記録保持者の
丹野麻美(福島大)がこの種目で日本選手初の
準決勝進出を目指し、同100メートル1次予選には
高橋萌木子(平成国際大)が出場。
[PR]
by garana-ga | 2007-08-26 15:26

ついに始まりました

世界陸上、ついに始まりました!





最初の種目、男子マラソンが行われ、
05年世界選手権銅メダルの尾方剛選手(中国電力)が
2時間17分42秒で日本人最高の5位になりました。




大崎悟史選手(NTT西日本)は6位、
04年アテネ五輪6位の諏訪利成選手(日清食品)は7位。




同種目で3選手が入賞するのは、99年大会以来2度目。



優勝はルーク・キベト(ケニア)で2時間15分59秒。




午前7時スタートのレースは、
ゴール時には気温33度に達する厳しい条件下。


日本勢は終盤に追い上げる粘りの走りを見せてくれました。




引き続き、日本選手の活躍を期待します!
[PR]
by garana-ga | 2007-08-25 14:35

チロルチョコ 塩バニラ

070620_163704.JPG





初めて見たので買ってみました。





最近、お菓子でも塩味が流行ってるみたいですね。





けっこうおいしかったです♪
[PR]
by garana-ga | 2007-08-24 17:15